ホーム > 淡路島アートセンターとは > これまでの活動・拠点地

これまでの活動・拠点地

活動内容

  1. アートイベント企画・デザイン企画
  2. アーティスト支援活動
    • 「淡路島アートフェスティバル」の運営による創作活動支援
    • 展覧会、交流会、アートプロジェクトの開催
  3. 日の出カフェ運営(イベント時)
  4. グッズ企画・制作・販売
  5. 日の出亭リノベーションプロジェクト
    • 建物の修復支援
    • 上記に関する各種情報提供

活動実績

2007
  • ログズギャラリー ガソリンミュージック&クルージング(クロスジャンルアートの紹介)
  • 淡路島アートフェスティバル2007
    2007年7月7日〜9月9日(地域・住民との連帯・連携企画を開催)
  • 真珠ブランド推進事業 パールブリッジ制作(地場産業受託事業)
  • 淡路島テレビジョン スタジオセット制作(受託事業)
2006
  • 淡路島アートフェスティバル2006
    2006年6月25日〜8月28日(淡路島においての場所をさぐる)
  • 洲本第三小学校・柳学園・淡路市立学習小学校において授業企画など
  • 沼島道標プロジェクト〜 (町案内制作)
  • きむらとしろうじんじん野点・プロジェクト(街中イベント)
2005
  • 淡路島アートフェスティバル2005
    2005年7月1日〜9月30日(島内4軒の空き家を使用)

活動拠点地

洲本市
洲本公設市場・洲本市民工房・リゾレッタ・ギャルリBANYAなどの活動場所の他、商店街、レストラン、空き家等地域コミュニティの場所を開拓し、活動の場所としている。
淡路市
  • 日の出亭
    2004年の台風災害において奇跡的に出合った一軒の空き家。
    アートセンターの始まりの場所であり、憩いの場。
    土砂崩れによって半壊状態で発見された日の出亭は、アートセンターのメンバーによって少しずつリノベートされ、今では生活が出来るほどになっています。
    現在もリノベーションは続けられ生活空間として、また展示空間として、日一日その姿を変えています。
南あわじ市
  • 沼島
    淡路島の南海上、船で10分の所に位置する人口600人の漁業が盛んな離島で、2007年よりコミュニティプロジェクトを企画。